シワたるみに効く化粧品

口元のシワたるみを改善したい。原因と対策について

年齢的にも口元にシワやたるみが出てくるのは仕方がないと思っていませんか?

 

口元の皮膚がたるんで、シワがはっきりとしてきたり。口元の悩みはいろいろと出てくるものです。

 

口元のシワが目立ち始めると、見た目の印象も変化してきます。老けて見られることも多くなってきます。

 

口元のシワやたるみを改善するためのエイジングケアはどのようなものがあるのでしょうか。原因を知り、適切な対策をしていきたいものです。

 

意外と知られていないのが、生活習慣や癖によるシワやたるみです。普段、自分がどういう行動をしているのかを見直す必要もあります。

 

シワたるみにはいろんなタイプがある。

口元のシワたるみが気になっている女性は少なくありません。顔はシワたるみが現れやすい部分でもあります。

 

ゴルゴライン、ほうれい線といった呼び方で口元のシワたるみは呼ばれることもあります。

 

ほうれい線

口元のシワたるみの中では一番ポピュラーなタイプ。放置していると、深いシワとなっていきます。早めに対策をすることで、ほうれい線の目立ち方が緩やかになっていきます。

 

ほうれい線があると、とても疲れているように見えます。年齢的にも老けて見られるようになります。年をとってできるというものではなく、若い人でも噛み癖によってできたりします。

 

ゴルゴライン

ゴルゴラインとは、漫画でよく知られているゴルゴ13をイメージして付けられた呼び名ですが、口元の両サイドに縦に延びている深いシワのことです。ゴルゴラインができると、一気に老けた印象に見られてしまいます。皮膚内部組織からケアしていく必要があります。

 

顎のたるみ

口元にはいろんなトラブルが出やすいわけですが、顎のたるみもその一つです。

 

顎周りはたるみが特に出やすいので、リンパマッサージをしたりして、顔の老廃物を流していきたいものです。

 

年齢と共にたるみはとれにくくなっていきますから、日ごろからのケアを怠らないようにしましょう。毎日顔を見ている人であっても、自分の顎が二重あごになっていることに気が付かない場合もあったりします。角度を変えて鏡を見たりして、気をつけて行きたいものです。

 

エイジングケアとして効果的な化粧品とは?

顔のたるみだけではなく浅いシワから深いシワまで、最近はいろいろな対策ができる化粧品が発売されています。コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿や潤いに優れた成分を配合した商品が効果的です。

 

この他にも、各メーカーでは独自開発をして、真皮層にしっかりと届くような浸透技術を用いている化粧品もあります。

 

シワたるみに効く化粧品のタイプとは?

製薬会社で研究開発した潤い効果の高い化粧品が人気です。製薬メーカーというだけあって、シワたるみ改善に対する研究成果に期待を寄せる女性が多いです。
どの化粧品を見ても、シワたるみに効く有効成分として優れたものが配合されています。浸透技術によって、化粧品の違いが出てきます。

 

国産メーカーの場合、日本人女性の肌に合った化粧品を開発することに優れています。敏感肌やアレルギー肌の女性は、国産メーカーのものを選ぶのがおすすめです。セラミド機能をサポートするスキンケアが重視されている場合が多いです。

 

敏感肌の人がシワたるみ対策をするなら、どういう化粧品がおすすめ?

皮膚科でおすすめしている化粧品

皮膚科でおすすめしているスキンケア商品なら安心して使うことができます。スキンケア商品としては、低刺激なものが多いです。

 

セラミド効果の高い商品やアトピーの人でも使うことができるスキンケア商品もあります。

 

化粧品会社とのコラボ商品

化粧品会社はエステ関連会社をはじめとして、さまざまなところとコラボして商品を発売しています。

 

お値段的には若干高めなものが多いのですが、肌へよく浸透し、付け心地がいいとあって評判です。ラインで揃えるといいのですが、高額になることから、口元のシワたるみを集中的にケアできるものからまず選んで使っていくといいでしょう。

 

口元のシワたるみはどうしてできるの?

一般的には、口元のシワたるみといったものは、老化現象のひとつとして取り上げられることが多いです。しかし、その原因はいろいろあります。

 

生活環境や癖といった外的な要因、ホルモンの変化や睡眠不足といった内的要因が挙げられます。

 

原因をしっかり見極めることで、効果的なシワたるみのケアができるようになります。

 

加齢によるシワたるみ

年齢を重ねていくと、シワたるみが目立ち始めます。

 

皮膚の内部では、新陳代謝が行われて古い組織から新しい組織へと変化していくのですが、年齢とともに、この新陳代謝が乱れ始めて、それがシワたるみとして表れてきます。

 

加齢によって、肌内部の水分保持能力も低下します。コラーゲンやエラスチンといった肌内部組織の能力が衰えます。肌の弾力に関わる組織の衰えを改善していく必要があります。

 

一度、深いシワができてしまうと、改善するのが難しくなりますから、日ごろから注意してケアしていきましょう。

 

年齢によるシワたるみをどうすればいい?

シワたるみに対しては、コラーゲンといった水分保持能力を上げる成分を補っていくことが効果的です。真皮層にまでしっかりと届くような浸透技術がある化粧品を選びましょう。

 

生活習慣や癖を改善して、シワたるみをスッキリさせる

 

口元のシワたるみは、寝るときの体制や頬杖、噛み癖などが原因で起こる場合もあります。

 

横向きで寝ることが多い人は、仰向けで寝るように工夫するといいでしょう。また、いつも同じところで噛む癖がある人は、なるべく全体の歯を使って噛むようにしていきましょう。

 

そして、顎を鍛える意味でも、硬い食べ物をなるべく食べるようにしたいものです。口まわりの筋力アップに繋がり、シワたるみが目立ちにくくなります。するめイカなど、昔から食べると顎が鍛えられると言われているような食べ物を、普段の生活にも取り入れてみてください。

 

外的要因からくるシワたるみとは?

紫外線対策をするのは、シミやそばかすに限った話ではありません。シワたるみについても、同様に大切なものだと言えます。

 

紫外線が肌にあたると、肌内部の組織であるコラーゲンやエラスチンにもダメージを与えます。

 

肌の弾力を維持するのに大切なコラーゲンやエラスチンですから、その組織が衰えることで、シワたるみが出やすくなります。

 

日焼け止めクリームを使用したり、日傘をさしたり、日ごろから紫外線対策をするといいでしょう。UV化粧品も数多く販売されています。口元に重ね塗りをして対応するのも効果的です。

 

他には、生まれつき口元の骨格が原因で、シワたるみが目立ちやすい人もいます。遺伝的なものだからと諦めるのではなく、やはり、口元のケアをしていくことが大切です。深いシワやたるみになっていくのを軽減することができます。

 

内的要因からくるシワたるみとは?

女性ホルモンであるエストロゲンは、女性らしさを維持するのに大切なホルモンだと言われています。しかし、40歳前後から、このエストロゲンの分泌が減少し始めます。それに伴って、髪の潤いがなくなったり、生理が遅れたり、肌がカサカサしてきたり、という症状が出はじめます。更年期といわれる症状が出てきます。

 

真皮組織であるコラーゲンやエラスチンもエストロゲンの影響をうけます。新陳代謝が悪くなって、肌弾力が失われ、シワたるみが目立ち始めます。

 

女性ホルモンの分泌を促すような成分を取り入れることが効果的です。

 

大豆イソフラボン、プラセンタといったサプリメントなどを上手に利用するといいでしょう。これらの成分を配合したスキンケアをするのも効果的です。

 

女性には冷え症の人が多いのですが、血行が悪いことによって、コラーゲンやエラスチンの生成が滞ってしまうケースもあります。体を動かす簡単なエクササイズを日ごろの生活に取り入れてみるのもいいでしょう。

 

口元の場合は、口をすぼめたり、広げたりするエクササイズをすることで、口元の筋肉を鍛えて、血行を良くすることができます。

 

口元のシワたるみは、総合的なケアが大切

口元のシワたるみと一口に言っても、いろんな原因があり、それに合わせた対策があります。自分がどのタイプに当てはまっているのか、よく見極めて、シワたるみを改善していきましょう。癖といったものを改善するは自分の努力が必要になりますが、諦めずに根気強くやり続けることが大切です。

 

少しずつ続けていけば、それなりに効果も出はじめます。

 

そして、シワたるみ対策化粧品を取り入れていくことで、シワたるみの進行を食い止めることができます。積極的に取り入れていきたいものです。シワたるみに特化した化粧品を選ぶことが大切です。